釧路一之宮 厳島神社

  • お問い合わせ
  • リンク
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

釧路厳島神社の外観写真

釧路一之宮 厳島神社について

厳島神社は釧路市米町一丁目知人岬しれとみさき台地に位置しております。この附近一帯は江戸時代にクスリ会所・クスリ泊といわれた釧路市発祥の地でありました。

当神社は以前には南大通七丁目の釧路を見下ろす高台に在りましたが、境内が狭くなり明治二十四年二月に現在地に移転しました。

境内に接する米町公園は、太平洋を見下ろす高台にあり、眼下には釧路港があり漁船の出入りも盛んです。又、公園内には石川啄木歌碑などもあり、遠景には雄阿寒岳・雌阿寒岳が眺まれ、厳島神社と共に歴史を刻んできました。

古くより、厳島神社は釧路市民の守り神さまとして仰がれてきました。

御由緒

本神社は釧路が来開草業らいかいそうぎょうの頃、漁場請負人ぎょばうけおいにん 佐野孫右衛門が漁場の安全と大漁祈願の為、安芸の厳島神社の御分霊を勧請奉祀かんじょうほうししたのが起源と伝えられています。

文化二(一八〇五)年には二代目佐野孫右衛門が旧真砂町高台のアイヌ民族たちがカムイシュマ(アイヌ語・神岩の意)と呼び木幣いなうを立てて祀っていた約四百坪の土地に神殿を造営しました。以来累年豊漁が続き、住民も年を追って増加し、遂に神社を中心として一部落を形成するに至り、住民自ら産土神うぶすながみと崇仰するようになりました。これは安政四年に函館奉行の命により全道踏破した松浦武四郎の「久摺日誌くすりにっし」に明記されるところです。

明治二十四年二月十日、現在地に本殿拝殿を造営し御遷座ごせんざ、同年五月には郷社に、大正二年五月には縣社に昇格いたしました。

昭和天皇陛下は大正十一年七月十七日に大正天皇の摂政として、また昭和十一年九月二十八日の釧路市行幸の際も釧路國社である当社を御親拝されました。釧路住民全てが氏子とされる格式あるお宮です。

御祭神

市杵島姫命イチキシマヒメノミコト
安芸の宮島で有名な厳島神社の御分霊。別名弁財天・弁天さまと呼ばれ親しまれています。海上安全、大漁満足、知恵、財福、芸能、商売繁昌の御利益があります。

阿寒大神アカンノオオカミ
雄阿寒岳・雌阿寒岳を霊峰とする山神さまでアイヌの神ともされています。

稲荷大神イナリノオオカミ
商売繁昌と五穀豊穣の神さまです。

金比羅大神コンピラノオオカミ
金刀比羅宮の御分霊で海上安全、大漁満足の御利益があります。

秋葉大神アキハノオオカミ
静岡県秋葉山本宮秋葉神社の御分霊で、諸厄病を祓い、厄除け開運・家内安全・商売繁昌の御利益があります。

海津見大神ワタツミノオオカミ
海上安全・大漁満足の神さまです。

猿田彦大神サルタヒコノオオカミ
古事記の「国つ神」であり道祖神。俳優(文字上ルビ・わざおき)の神さまです。

いずれもクスリ場所時代から明治初期に釧路に移住し街づくりに励んだ先人たちが国元や職業の関わりからお祀りし、今日に至ったものです。

用語解説・読み

神社や神道の知識のない方にもわかりやすいように用語の読みや解説をいたしております。当神社、また釧路の開拓史のご理解を深める為にご利用ください。

知人岬
しれとみさき。
開拓期には知人岬周辺は漁業などの要所であった。

クスリ会所・クスリ泊
クスリとは釧路の語源。原名はクシル。クシ「越える」ル「路」からなり、ここより各地へ道が通じている…の意味とされる。会所とは幕府東蝦夷地直轄とともに、旧来の運上屋を改め会所と唱えた。因みに運上屋とは場所請負人の交易所のことである。役人などが詰め合い、通行人の宿泊所も設けられていた。またアイヌ介抱(交易)の拠点でもあった。泊とは船が停泊するところで、船着き場のことをいう。

漁場請負人 佐野孫右衛門
敬神の念があつく、漁業安全と豊漁祈願のために芸州宮島から厳島神社の分霊を勧請し、釧路厳島神社を創立したと伝えられる。因みに漁場請負人とは明治二年より『漁場持(ぎょばもち)』と呼ばれ、地域の漁業のまとめ役のような役割だったようです。政府は明治維新以降の北海道開拓、移民促進のために旧来の制度を改め、暫定的な御用達および村役人のような事務処理を漁場持に行わせました。

安芸の厳島神社
広島県にある厳島神社総本社。

勧請奉祀
かんじょうほうし。
勧請とは、神仏の来臨や神託を祈り願うこと。また、高僧などを懇請して迎えること。奉祀とは、神仏・祖霊などをまつること。

木幣
イナウ。またはイナオと読む。アイヌ語より。エナオと読むこともある。
柳やミズキの木の棒の先を削りかけしたもので、祓い串のルーツと言われています。

産土神
うぶすながみ。
現在では氏神や鎮守とほぼ同じ意味でもちいられる。氏神とは同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る神道の神さまのことで、同じ氏神の周辺に住みその神を信仰する者同士のことを氏子(うじこ)という。
鎮守とはその土地に鎮まりその土地やその土地の者を守る神のことである。
産土神とは産まれた土地の神さまの事で、その者を一生守護すると考えられた。昔は生まれてから死ぬまで一定の土地に住むことが多く、そのためほとんどの人にとって産土神と鎮守は同じ神であった。そのようなことから氏神と鎮守は同一視されるようになりました。

松浦武四郎
北海道の名付け親。蝦夷地の探検や地理調査を始めとした様々な業績を残した。因みに釧路市内の松浦町は、「釧路が東蝦夷地第一の都会になる」という、武四郎の達見に敬意を表すため昭和七年に町名を改名した。

御遷座
ごせんざ。神仏の座を他の場所に移すこと。

郷社・縣社
平安時代より用いられていた神社の社格。明治時代に復興され、昭和20年に廃止されました。

Facebook Twitter