釧路一之宮 厳島神社

  • お問い合わせ
  • リンク
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

厄祓い

一生のうちで災難に遭うおそれの多い年を「厄年」といい、古くから忌み慎む風習があります。
かぞえ年で男性の25歳、42歳、61歳、女性の19歳、33歳、37歳が「本厄」にあたり、その前後を「前厄」「後厄」といい、本厄を中心とした三年間は特に気をつけるべきとされています。
※かぞえ年とは今年の満年齢に1歳足した年数です。

平成30年厄年表

生まれ年 (かぞえ)
平成18年 十三参り 13歳
平成13年 前厄 18歳
平成12年 大厄 19歳
平成11年 後厄 20歳
平成7年 前厄 24歳
平成6年 大厄 25歳
平成5年 後厄 26歳
昭和62年 前厄 32歳
昭和61年 大厄 33歳
昭和60年 後厄 34歳
昭和58年 前厄 36歳
昭和57年 大厄 37歳
昭和56年 後厄 38歳
昭和53年 前厄 41歳
昭和52年 大厄 42歳
昭和51年 後厄 43歳
昭和34年 前厄 前厄 60歳
昭和33年 大厄 大厄 61歳
昭和32年 後厄 後厄 62歳


方位除

古くより日本では暦の九星術をもとに自分の生まれ年の位置により吉凶を占いました。
自分の星が良くない方角に入った年には災いがないよう神社でお祓いを受け無事平穏を祈願しましょう。
なかでも八方塞がりは特に悪い方位です。
病門の年回りには心身に災いが起こりやすく、病いや体調不良に注意すべき年と言われています。

平成30年八方塞がり(九紫火星)

生まれ年(かぞえ)
昭和3年 91歳
昭和12年 82歳
昭和21年 73歳
昭和30年 64歳
昭和39年 55歳
昭和48年 46歳
昭和57年 37歳
平成3年 28歳
平成12年 19歳
平成21年 10歳

平成30年病門の生まれ年(六白金星)

生まれ年(かぞえ)
昭和6年 88歳
昭和15年 79歳
昭和24年 70歳
昭和33年 61歳
昭和42年 52歳
昭和51年 43歳
昭和60年 34歳
平成6年 25歳
平成15年 16歳
平成24年 7歳

≪授与品≫
御神札、御守、二福神守、破魔矢、御神酒
※授与品はお納めいただく初穂料で異なります

≪初穂料≫
〇厄祓い
3,500円、5,000円、7,000円、10,000円のいずれにてお気持ちをお納めいただいております
※初穂料3,500円でのご祈祷は1月末~2月末までの期間限定です

〇方位除
5,000円、7,000円、10,000円のいずれかにてお気持ちをお納めいただいております

〇家族祓い
厄年・方位除の年の方と同じ住所にお住いの方で、厄年・方位除けの年以外の方は家族祓いをお受け頂けます
500円~1000円
※初穂料500円は1月末~2月末までの期間限定です

■1~2月の土日・祝日は厄祓いシーズンのため大変混み合います。事前にご予約をいただいていてもお待ちいただくこともございますので、お時間に余裕をもってお越しください

■厄祓い・方位除は一年間を通していつでもご祈祷をお受けいただけます

■代理祈祷も可能です。ご本人の衣類、写真等をお持ちください

節分祭

毎年2月3日、社殿内ではたくさんの厄年の方がお祓いを受けにいらっしゃいます。また、当日は節分祭の豆まきが境内にて開催されます。多くの釧路住民が神社境内に集まり、舞台上から年男年女、釧路の著名人達が威勢のいい「鬼は外、福は内」のかけ声とともに、一年間の無病息災、健康祈願を願って福豆や餅をまきます。

■年男年女で豆まきをご希望の方は社務所までお問い合わせください

節分祭
節分祭

厄祓いのご予約は社務所またはホームページよりお問い合わせください。
社務所 電話 0154-41-4485 / FAX 0154-43-2974

Facebook Twitter