釧路一之宮 厳島神社

  • お問い合わせ
  • リンク
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

令和二年4月限定御朱印のご案内


4月1日から30日の間でこちらの御朱印をお分かちいたします。

 

R2年4月御朱印

 

十三参りは旧暦の3月13日前後に寺社を詣でる人生儀礼の一つで、現在では一般的に4〜5月にかけて行われます。
かぞえ13歳(満12歳)の男女は生まれてから初めて干支が一周し、大人の仲間入りとして迎えられていました。

これまでの成長を神さまに奉告し、立派な大人になれるよう知恵と心身の健康を授けていただく祈念をします。
また今年の十三参りは平成20年生まれの方が該当となり、方災にあたる「鬼門」の年でもあります。そのため十三参りには厄除の意味もあるといわれています。

当神社の十三参りでは、好きな漢字を一文字習字で書き入れ、これから先どのように成長していきたいかご自身の言葉で神さまにお伝えいただきます。

また、無料の貸衣装もご用意しております。ご希望の方は社務所までお問い合わせください。

 

R2年4月特別御朱印_花びら1

 

4月は「春詣」の特別御朱印をお分かちいたします。「清和」とは四月の異名で澄み渡る青空という意味があります。
願い桜の花びらにお好きな漢字を一文字お選びください。その願いが叶うよう願いを込めて神職・巫女が鈴祓いをいたします。
また、願い桜の花びらは基本1枚ですが、ご希望であれば何枚でも追加いただけます。(1枚100円)

 

R2年4月特別御朱印_花びらたくさん

当神社の御朱印は月替りとなっており、通常は月を跨いだ授与は行っておりません。

御朱印は参拝の証であり、その月にちなんだ御朱印を受けられることで、そのときのことを思い出していただきたいからです。

ですが、昨今の新型コロナウィルス感染拡大を受け、止むを得ず当月にお参りが叶わない方も多くいらっしゃるかと思います。
何日、何ヶ月も前からご旅行の予定を立て、参拝を楽しみにしてくださっていた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
悔しい・残念な思いはわかりますが、今は我慢の時。大切な命に変えられるものなどありません。
あなた自身、あなたの大切な誰かの命を守るのは一人一人の心がけと行動次第だと思います。

そこで、感染抑制に至るまでの間は当月の御朱印の他にお分かちをしている特別御朱印をいつでもお受けいただけるように致します。
御朱印のために慌ててお参りにお越しいただく必要はありません。神さまはどんなときもこの場所にいらっしゃいます。
御朱印はあくまで参拝の証ですのでお参りが叶った時にお受けください。

 

■オリジナル御朱印帳頒布中■

紫御朱印帳(大) 2,000円

 

令和限定御朱印帳

 

釧路國

 

ピンク御朱印帳(大) 1,800円

 

新御朱印帳

 

ブルー御朱印帳(小) 1,600円

 

御朱印帳

 

 

郵送をご希望の方は郵送代(レターパック 370円※2冊まで)と併せて現金書留にてお送りください。

また余白にどのの御朱印帳をご希望かお書き入れください。

尚、御朱印のお書入れは行っておりませんのであらかじめご了承ください。

〒085-0823

北海道釧路市米町1-3-18

厳島神社

TEL 0154-41-4485

Facebook Twitter