釧路一之宮 厳島神社

  • お問い合わせ
  • リンク
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

釧路厳島神社の外観写真

境内の様子

境内の配置図

現拝殿は昭和二十七年に造営された「神明造」です。
表参道入口には、向かって左に縣社厳島神社、右に釧路護国神社の社号碑があります。
一の鳥居をくぐると長い坂の参道が続き、両側には千島桜やナナカマドの樹があり、春にはうすピンクの花びらが、秋には真っ赤なナナカマドの実が参道を彩ります。
二の鳥居を通ると左に手水舎、右の社務所寄りには文政十(一八二七)年に米屋孫兵衛・万葉丸長吉氏奉納の手水鉢が保存されております。
拝殿広場には石造の狛犬・銅鉄造の狛犬が並びます。拝殿内の狛犬は元治二(一八六五)年七月十五日願主請負人佐野孫右衛門、支配人工藤九五郎、通辞吉田善助、帳役木津屋徳次郎、惣番人中と刻まれています。江戸期の石造遺物の所有は釧路内で当社境内のみです。
拝殿裏左手に摂政宮時代の昭和天皇の行啓記念碑が、右手には陛下が釧路を一望された際にお立ちになられた台と「駐蹕之所 車駕親臨於此」の石碑があります。


境内の見どころ

【社号碑と一の鳥居】 【龍神祠】 【本殿写真】 【摂政宮殿下行啓記念碑】

大正十一年七月十七日の行啓を記念して建立されました。

【文政十年 手水鉢】 【稲荷祠】 【境内裏手の高台】

昭和天皇が昇られて海を眺めました

【絵馬掛けと本殿】 【護国神社】 【手水舎】 【明治天皇御製】
円空仏

【円空仏】
(観音菩薩坐像、北海道指定文化財・昭和五十二年三月指定)
江戸時代前期の修験僧の円空は寛文五(一六六五)年頃蝦夷地入りしたと推定されます。
円空作仏像薬師仏(※1)は座像で、全長四十三糎程、背丈に「くすり乃たけごんげん」の銘(※2)があります。以前は現胆振郡豊浦町小幌の洞窟に安置されておりましたが、寛政十一(一七九九)年幕吏で蝦夷地御用掛けの松田伝十郎は像の銘に基づき、くすり会所元に移しました。このとき観音堂を新営したと思われます。像がいつの頃から当社の保存となったかは明らかではありません。北海道内にある円空仏四十四体の中で最東端にある円空仏です。

※1 薬師仏・・・薬壷を持ち病気を治す仏
※2 くすり乃たけごんげん:「くすり」とは現在の釧路、「たけ」は山岳を意味する。「ごんげん(権現)」は神様が仮の仏様の姿で現れたものをいう。総じて、「釧路の山の権現」という意味。釧路にあることが相応しいということで小幌から運ばれることになった所以である。

【円空仏の拝観】
円空仏は重陽の節句(九月九日)にのみ拝観できます。当日はあわせて、病気平癒・健康長寿を願う健康祈願祭を斎行いたします。

Facebook Twitter