江戸の時代より続く釧路の守り神

釧路國一之宮 厳島神社

ENGLISH

釧路國一之宮 厳島神社

厄祓い/方位除

厄祓い/方位除

厳島神社の相殿に坐す秋葉大神は厄除けに、猿田彦大神は方位除に御神徳がある神さまです。節分には厄祓いや方位除の御祈願に多くの氏子が参拝に訪れます。当神社では年間を通していつでもお祓いをお受けいただけます。


厄祓い

一生のうちで災難に遭うおそれの多い年を「厄年」といい、古くから忌み慎む風習があります。
かぞえ年で男性の25歳、42歳、61歳、女性の19歳、33歳、37歳が「本厄」にあたり、その前後を「前厄」「後厄」といい、本厄を中心とした三年間は特に気をつけるべきとされています。
※かぞえ年とは今年の満年齢に1歳足した年数です。

令和3年厄年表

生まれ年 (かぞえ)
平成16年 前厄 18歳
平成15年 大厄 19歳
平成14年 後厄 20歳
平成10年 前厄 24歳
平成9年 大厄 25歳
平成8年 後厄 26歳
平成2年 前厄 32歳
昭和64年/平成元年 大厄 33歳
昭和63年 後厄 34歳
昭和61年 前厄 36歳
昭和60年 大厄 37歳
昭和59年 後厄 38歳
昭和56年 前厄 41歳
昭和55年 大厄 42歳
昭和54年 後厄 43歳
昭和37年 前厄 前厄 60歳
昭和36年 大厄 大厄 61歳
昭和35年 後厄 後厄 62歳

方位除

古くより日本では暦の九星術をもとに自分の生まれ年の位置により吉凶を占いました自分の星が良くない方角に入った年には災いがないよう神社でお祓いを受け平穏無事を祈願しましょう。
方災の中で最も災いの多い年とされる八方ふさがり、裏鬼門にあたり心身の不調をきたしやすいとされる病門、悪いものを寄せ付けやすいとされる鬼門の方位に入った場合は方位除のお祓いをお受けになられることをお勧めいたします。
※方災の年に入られている方は家族祓いをお受けいただくことができません

令和3年八方塞がり
六白金星りっぱくきんせい

生まれ年かぞえ
大正11年 100歳
昭和6年 91歳
昭和15年 82歳
昭和24年 73歳
昭和33年 64歳
昭和42年 55歳
昭和51年 46歳
昭和60年 37歳
平成6年 28歳
平成15年 19歳
平成24年 10歳
令和3年 1歳

令和3年病門の生まれ年
三碧木星さんぺきもくせい

生まれ年かぞえ
大正5年 106歳
大正14年 97歳
昭和9年 88歳
昭和18年 79歳
昭和27年 70歳
昭和36年 61歳
昭和45年 52歳
昭和54年 43歳
昭和63年 34歳
平成9年 25歳
平成18年 16歳
平成27年 7歳

令和3年鬼門の生まれ年
九紫火星きゅうしかせい

生まれ年かぞえ
大正8年 103歳
昭和3年 94歳
昭和12年 85歳
昭和21年 76歳
昭和30年 67歳
昭和39年 58歳
昭和48年 49歳
昭和57年 40歳
平成3年 31歳
平成12年 22歳
平成21年 13歳
平成30年 4歳

初穂料

〇厄祓い
5,000円、7,000円、10,000円のいずれにてお気持ちをお納めいただいております

〇方位除
5,000円、7,000円、10,000円のいずれかにてお気持ちをお納めいただいております

〇家族祓い
厄年・方位除の年の方と同じ住所にお住いの方で、厄年・方位除けの年以外の方は家族祓いをお受け頂けます


節分祭

毎年2月3日、社殿内ではたくさんの厄年の方がお祓いを受けにいらっしゃいます。また、当日は節分祭の豆まきが境内にて開催されます。多くの釧路住民が神社境内に集まり、舞台上から年男年女、釧路の著名人達が威勢のいい「鬼は外、福は内」のかけ声とともに、一年間の無病息災、健康祈願を願って福豆や餅をまきます。

■年男年女で豆まきをご希望の方は社務所までお問い合わせください



詳細はこちらよりお問い合わせください

お問い合わせ
フォーム
公式
LINE
電話
(0154-41-4485)